•  
  •   
  • モデム・SIM・モバイルルーター3種のインターネット通信タイプを徹底比較【どの回線が一番お得?】

総務省の調査によると、国民一人につきスマートフォン1台を持っている指数が出ています。

厳密に言うとスマートフォン94.7%、パソコン73.0%という数字となっているので、スマートフォンを持っている事が当たり前の時代になりましたね。

このスマートフォンのデータ通信量をカバーしようと、NTTドコモなど各社から高速インターネット回線サービスが提供されています。

通信回線の種類にはSIMカードタイプとモバイルルータータイプ、家庭に据え置きのモデムタイプの3種類がありますが、いろいろ種類があるので迷ってしまいますよね。

それぞれ比較すると一長一短なので、自分の利用用途に最適なインターネット通信サービスを探してみましょう。

3つに分かれる通信タイプ

まず、通信タイプにはそれぞれ特徴があります。

大きく分けて、自宅用と外出用に分かれますが、最近では両者のいいとこ取りをした中間タイプの物も出ています。

それぞれどのように違うのか見てみましょう。

モデムタイプの特徴

パソコンやスマートフォンを自宅から持ち出さない方が多い通信タイプです。

VDSLという工事を伴わない低速の契約方法や、工事を伴う代わりに高速通信が可能な光回線契約の2種類があります。

3タイプの中で一番料金が高い代わりに、通信データはケーブル内を通るので一番安定していると言えます。月の平均金額は5,000円程度です。

 

SIMタイプの特徴

ドコモショップなどでスマートフォンを契約すると勧められる通信タイプです。

最近では格安SIMが多数出てきたので料金は低価格化していますが、低価格帯だと通信量に制限がかけられている事が多いことや利用場所によっては回線が不安定になるので、モデムタイプに比べて通信量を気にせず安心して使えるとは言い難いタイプです。

多くの場合、自宅で光回線を契約している場合や、日ごろインターネット通信が少ない方に好まれます。

月の平均金額は500円~5000円程度と契約プランによって差があります。

 

モバイルルータータイプの特徴

契約形態はSIMタイプなのですが、SIMを入れる対象がスマートフォンでなくモバイルルーターという点が大きく異なります。

SIMとモバイルルーターを別々に購入する事もできますが、一般的にはセット契約されています。

SIMの携帯性と光回線の安定性を兼ね備えたモデルもあるので、比較的万能に使えて便利です。

セット契約の場合、月の平均金額は3,000円~5,000円程度と、契約するプロパイダによって割引率が変わります。

 

モデムタイプを契約するポイント

モデムタイプの契約をする方の9割は、高速で安定したインターネットを自宅で使いたいという目的です。

「どこの会社が速くて安いの」と聞かれますが、実は、光回線を提供している会社はキャリアと呼ばれている回線卸売業者で、皆さんがよく比較しているのはプロパイダというオプションサービスを売りにした小売業者です。

回線元が同じなのに、速度を比較しても意味がないですね。

大きく分類すると、NTT(docomo光、AUひかりなど)、ケーブルテレビ系(JCOMなど)、電力系(BBIQなど)3種のキャリア区分に分かれます。

みなさんが契約するプロパイダはこの3種類のどれかに属して小売りしているので、回線提供元をしっかり把握しましょう。

 

SIMタイプを契約するポイント

一昔前のSIM契約は、ドコモ、AU、ソフトバンクだけだったのでシンプルに選ぶ事ができました。

ですが今では、MVNOと言う格安SIM事業者が数多くあるので料金やプランが複雑化したので自分に合ったプランを探すのが大変です。SIMタイプを選ぶ際に注意したいのはデータ通信上限と速度制限時の最高速度です。

モデムタイプで契約した時も速度制限などはSIMタイプと同じようにあります。直近3日のデータ通信上限が1TB(1,000GB)というように普段使いでは使い切れない量なので心配ないのですが、これがSIMタイプだと値段に合わせて通信上限が少ない容量になるので、使用したデータ通信量を常に気にしないといけないので面倒です。

ですから、自宅に安心してインターネットを楽しめる光回線を契約している方は、格安SIMの安いプランを契約して出先のメールチェックやちょっとしたインターネットを楽しんでいます。

 

モバイルルータータイプを契約するポイント

モバイルルーターの最大のネックは、利用可能エリアの制限です。

現在主流のWiMAX(AUの系列)Y!mobile(ソフトバンクの系列)は都心部の使用を中心にエリア提供されているので、田舎に行くと電波が全く入らない事がよくあります。

ただし都心部においては速度が安定して速く、LTEを使わなければ速度制限がゆるくYOUTUBEの動画程度であれば快適に閲覧できるので、(20181月現在)都心部にお住まいの方には適しています。

でも、WiMAXを契約する時は注意してください。Y!mobileなど他社と違い、WiMAXだけ多数のプロパイダがあるので、プロパイダ選びに失敗すると数万円もの損をしてしまう事があります。

それだけ各社が注目している回線なので、時間をかけてもWiMAXの契約を行うメリットはありますよ。

 

モデムタイプでおすすめの会社

ダウンロードに特化したケーブルテレビ

モデムタイプで契約するなら、やはり光回線でしょう。

動画のアップロードやクラウドサービスの利用といったアップロード作業を行わなければ、JCOMをはじめとするケーブルテレビが提供する光回線が最も安くてオススメです。

インターネット閲覧やメールの受信といった作業のほとんどはダウンロード速度に影響されるので、アップロード速度は不要です。アップロードが遅い分、月額料金も安くてお得です。 

 

まとめて支払えるドコモ光、AUひかり

ドコモ光とAUひかりは、どちらもNTTコラボレーション事業者なので、NTTから回線提供を受けています。

サービス内容はほぼ同じで、『20181月現在、ドコモ光では最大108800円の還元を行っているのでAUひかりよりとってもお得ですよ。』というのが店頭販売でセールスされる内容です。

ですが実際に、私(アパート一人暮らし)がドコモのスマホを持って新規契約したところ、大分のケーズデンキで10,000円分のドコモポイントを貰いました。

『東海地方だったら30,000円のキャッシュバックなんですけどね』という店員さんの言葉では、地方で金額差がある様子です。それでも私が契約した理由は、月々の支払いがAUひかりよりも1,000円程度安いことです。

AUひかりは、ドコモ光の月額4,000(税別)に比べて1年目は3,900(税別)100円安いのですが、2年目から1,200円の値引きが無くなるので5,100(税別)と高づいてしまいます。

最安値で見るとドコモ光が良いのですが、ご自身のスマホキャリアに合わせて契約すると支払いが楽になって良いですよ。

 

SIMタイプでおすすめの会社

最安値はロケットSIMという0円で契約できる格安SIMです。

しかし毎月の追加料金発生を前提としている会社なので、速度の安定性など若干の不安が残ります。

安心して使えるのは、525/月で200kbps使い放題の楽天モバイルか、ドコモと連携強化して他社より通信が安定しているIIJMIO3GB/900/月~のプランでしょう。

SIMタイプは料金設定が細かいので、他にもご自身に合うプランが他にも見つかるかもしれません。

 

モバイルルータータイプでおすすめの会社

モバイルルーターの会社では、プロパイダの多さから分かるようにWiMAXの一人勝ち状態です。

ですからWiMAX以外を契約している割合は非常に少ないので、よほどの事情が無い限りWiMAXを選ぶべきでしょう。

プロパイダごとにキャッシュバックや独自の料金体系があるので、選択肢は豊富です。

コメント

アバター


ピックアップ記事


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php:227 Stack trace: #0 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single.php(12): require_once() #1 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(78): include('/home/mahito/ne...') #2 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/mahito/ne...') #3 /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/index.php(17): require('/home/mahito/ne...') #4 {main} thrown in /home/mahito/network-fantasia.jp/public_html/wp-content/themes/network/single_blog.php on line 227